父の日に花を贈るのはおかしい?種類の定番はバラだけど…

   

父の日の花,黄色いバラ
そろそろ父の日が近づいてきたころでしょうか?
プレゼントには何を贈ろうかと考え始めた時期かもしれませんね。

母の日にはカーネーションを贈るのが定番ですが、父の日にも花を贈ろうかな、と思っている方もいらっしゃると思います。

とはいえ、
父の日に贈る花の種類も、母の日のようになにか定番があるのかな?
そもそも父の日に花を贈るのって変じゃないかな?

そう感じているあなた!お答えします!!(タイトル見ればわかるって?甘い甘い、、いや、甘くないかも)

スポンサードリンク

父の日に花を贈るのはおかしいの??

母の日に贈る花としてカーネーションをプレゼント、というのは鉄板ですね。きれいなカーネーションを手にして母の喜んでくれる姿が目に浮かびます。

で、母の日には花を贈るのだし、父の日にも花を贈ろうかな、、、そう思うのも自然な考えだと思います。ですが。同時にこうも思うのではないでしょうか?

父の日だからと言って父に花を贈って、おかしくないか?父は喜んでくれるのか?

そうですね、父の趣味が園芸でない場合は、花を贈っても喜んでくれないのではないかと不安になるかもしれません。

でも、結論から言えば、父の日に花をプレゼントすることは、何もおかしいことではありません。もちろん、父が「花嫌い」であれば当然それは嫌がらせにしかならないと思いますが。

きれいな花は見る人を幸せにするものです。きっと。

・・・と、これだけでは説得力がありませんよね。こんなことしか言えないなんて、とんだクソ記事だ、と思いましたか?でも、ちょっと待ってください!父が花を喜んでくれる保証はまだ感じられないのは分かります。

そこで、考え方を転換してみましょう。実は父の日に花を贈ると確実に喜んでもらえる理論があるのです。

父の日に花を贈ったとします。そして仮に父が花を嫌がったとします。でも結局父は喜びます。

・・・何を言ってるのかわからないですよね?わけのわからないことを言ってると思いますよね?でも、これが考え方の転換です。これを見てください!父が喜ぶ仕組みの全貌です。

①父に花を贈る→②父嫌がる→③母の手もとに転送される→

④母喜ぶ・⑤笑顔になる→⑥それをみた父親も笑顔になる

はい!完璧です。父の日に花を贈って喜ばない理由が見当たりませんね?花を贈った段階で喜んでくれれば100点。母親に転送しても100点

こんなきれいな2段構えはそうあるものではございません。しかも父の日だというのに母まで笑顔にできるのです。はい。これは決まりですね。安心して父の日に花を贈りましょう。

 

父の日に贈る花の種類に定番はあるの?

父の日に花をプレゼントすることが確定したあなた。次は、どの種類の花をプレゼントするかを決めるのみですね!

母に転送されることを考慮して、「カーネーション以外なら何でも」と言いたいところですが、父の日にも定番の花の種類というのはあるようです。それは、タイトルですでにばれてしまっているかと思いますが、「バラ」なのです。
それも黄色いバラが王道のようです。

スポンサードリンク

ではなぜバラが父の日の定番かというと、

別記事「父の日の由来は?なぜプレゼントを贈るの?祝日ならよかったのに!
に出てくるドットさん(父の日の由来の人)が、父親の墓にバラを供えたから、というのが通説です。

ドットさんの父への思いは並のものではありませんね。結果的にアメリカから遠く離れた日本でもこうして「父の日」文化が広まっているのですから。

と、まあドットさんはいいとして、結局気になるのは今年の父の日に何の花を贈るか、ってことですよね。バラの由来は分かったけど、黄色いバラなのはなぜか、ってことですよね。

理由は「日本ファーザーズ・デイ委員会」なる、日本では1981年に設立された団体が開催している「父の日黄色いリボンキャンペーン」の影響だそうです。幸せの象徴である黄色を父の日のイメージカラーにしているようです。

へ~って、思いますよね。素直に黄色いバラ、買おうかなって私もなってしまいます。(単純・・・)

 

父の日に贈る花の定番はバラだけど!?

父の日に花を贈るとしたら、王道・定番は黄色いバラだということが分かったかと思います。

ですが。定番ってなんだ?って思いません?私は最近まで父の日に黄色いバラを贈るのが定番だと知りませんでした。この記事を読んでくださってるあなたは常識人で、もしかしたらこんなことはとっくに知ってるよ!って思うかもしれませんが。

私の父も、父の日にバラの花、それも黄色いバラを贈るなんてことは全く知りませんでした。
あなたの父はどうでしょう?知ってない可能性が高くないですか?

ってことで、若干矛盾したことを言うようですが、

父の日に黄色いバラを贈ることが定番ですよ、でもそれはまだ定番じゃないかもね

”父の日=黄色いバラ”は、せいぜいこの程度の認知度の「定番」なのではないでしょうか。(定番とは?)

ってことで、父の日に花を贈る場合、黄色いバラもいいけどほかにいい花があるのならそっちを贈ってもいいかもね、というのが結論です。母親も喜びます。(いっそ母親が好きな花を贈るという作戦もアリ)

まあ、私はいい花を決められないので黄色いバラを選びます。もし気に入らないといわれても、「いや、定番だから気に入らないという概念はない」と答えれば父親も何も言い返すことはできませんからね。(そしてお礼の言葉も聞けません。)

↑これは冗談です。一つ言えるのは、どんな花を選んだとしても絶対喜んでくれますし、照れながら「ありがとう」と言ってくれるはずです。だって、あなたのお父さんなのですから!!

 

父の日の定番は黄色いバラまとめ

父の日に花を贈ることはおかしくないこと、おかしいどころか完璧な2段構えで父親を喜ばせることができることがお分かりいただけたかと思います。

さらに、「黄色いバラ」という定番を知ったあなたは自由に振る舞うことができるようになります。
花屋さんで「黄色いバラが定番なんですよ」と言われても、その場で流されることなく、本当に買いたい、贈りたいと思った花を選ぶことができるのです。
結果的に父の日には「黄色いバラ」という文化を広める一助になってもいいですし、反骨心を父親に見せてもいいのです。

どちらを選ぶも自由です。知識を得たあなたがよりよい選択をできることを祈っています。
よい父の日を!!

もし花以外のプレゼントもいいかな、花と一緒にほかのモノを贈るのもいいかな、と思ったら、
別記事「父の日ギフト!離れて暮らす父や義父へのおすすめと予算

もご覧ください。(タイトルは「離れて暮らす父」とありますが、むしろ同居している人のほうが役立つ内容なのでは?と思います。よかったら!)

スポンサードリンク

 - 年間行事