ライフジャーナル

ライフジャーナル ーよりよい生活を求めてー

お中元の時期と両親への相場!何を送るのがいい?

   

お中元

お中元。日頃の感謝とあいさつを兼ねて贈り物をする習慣ですが、両親へのお中元はどうするのがいいでしょうか?特に、初めてお中元を贈ろうと思い立つのは結婚したことで旦那や妻の親、義両親を意識したときが多いかもしれませんね。そんな、新婚で不安なあなた!

お中元を贈るのに最適な時期と値段の相場、何を送ったらいいかの案をいくつか紹介します!

スポンサードリンク

 

お中元の時期は?

お中元と言えば夏!となんとなくイメージするかもしれませんが、贈る時期は夏のいつでもいいわけではありません。

関東と関西でお盆行事を行う時期は違いますが、それとも関連して、お中元を贈る時期も関東と関西で異なることに注意が必要です。(あなたが住んでいるところではなく、受け取る人が住んでいる地域です)

お盆行事は関東で7月、関西で8月に行います。
そして個人的に送るお中元は関東で6月末~7月初め、関西で7月初め~8月初めが基本です。

基本と書いたのは、実は関西であっても早くからお中元を送る家もあるからであり、もしあなたの親(義母・義父も含めて)が例年いつから送っているかがわかるのであればその時期に合わせるべきです。ただ、正確にわからないという場合こそ上記の基本の時期を守れば心配いりません。

 

お中元の両親への相場はいくら?

日頃の感謝を伝えることとあいさつのために送るのがお中元ですので、あまりに高いものは相手にとっても負担となってしまいます。相場としては3000円~5000円が目安のようです。とはいえ、普段なかなか会えないという方や、特にお世話になったことが今年は多かった、などという場合であればもう少し奮発してもいいかもしれません。

スポンサードリンク

ただ!注意です!今年いいものを贈るのはいいとしても、今後贈り物をする際に困るのはあなたかもしれません。いいものをプレゼントしたせいで、一度上がり過ぎた期待に応え続けるのは大変です。見栄ではなく、感謝を伝える、ということを一番に考えてしっかり何を送るかを考えれば値段は問題じゃありませんよ!(とはいえ両親の性格や家柄で見極めは必要ですが、、)
そんな心配をしないで済む価格が3000円~5000円のゾーンであると個人的にも感じます。お金をかけても10000円以下、が目安ではないでしょうか。

 

お中元を親に送るなら何がいい?

値段の相場は分かったかと思いますが、それを踏まえたうえで何を送るか考えましょう。
お中元では基本的に食べたり飲んだりできるもの、あるいは消費できるものがいいです。御中元、お歳暮と年に2回も同じような機会がありますしね。

ということでいくつか例を紹介したいと思います!

ビール

お酒を飲む過程であれば定番です。絶対にはずしません!

100%果汁ジュース

お酒を飲めない家であれば、これが鉄板です。ストレートジュースはやっぱりスーパーなどで買う濃縮還元とは一線を画す美味しさですしね。夏なので特に喜ばれます!

ハムギフト

お中元の定番ですが、これをもらって嫌がる人もいないのでは?ただ焼くだけで美味しくて、、最高ですね。

ヘルシーな油のセット。自分で何本も買いだめするのは大変な油も喜ばれます。どちらかというと感激よりはただ便利、という印象に近いですが、、

洗剤詰め合わせ

これも便利さ第一です。何をあげるか迷ったらどうぞ!

アイスクリーム詰め合わせ

高級アイスクリームの詰め合わせは夏にぴったりです。甘いものが嫌いではない(そんなに歳を召されていない)場合は喜ばれるはずです!

 


 

他にもそうめんや入浴剤や、奥の手?のカタログギフトなどもいいですね。大事なのはやっぱり気持ちです。しっかり悩んで、選んで、、それだけで喜んでもらえるはずです。

 

お中元の時期と両親への相場まとめ

お中元を送る時期と相場が分かったあと、一番悩むのは何を送るかですよね。

お中元に限らずですが、人にモノを送るときはリサーチが非常に大事です。飲酒するかしないか、甘いものは好きか嫌いか、、などなど、しっかり調べられるといい贈り物ができます!

ただ、迷った際は洗剤などで様子を見るというのもアリだと思います。中には、そもそも贈らないでいいよ、なんて親もいるかもしれません。一回送って反応をうかがうと今後の贈りものもしやすくなりますよ。

いい御中元を送って、あなたも両親もいい気分になれることを祈っています!

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,