さくらんぼに含まれるソルビトールは下痢の原因?予防と対策!

   

さくらんぼ

小さい実に酸っぱさと甘さが絶妙なバランスで共存する至高の果物、さくらんぼ

ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

でも
「さくらんぼを食べ過ぎるとおなかが痛くなるから食べ過ぎはダメ!」 とか

「さくらんぼ狩りの帰りにおなかの調子が。。。」 なんて聞いたことありませんか?

実はその腹痛や下痢、迷信でも何でもなく、さくらんぼに含まれる成分のせいなんです。

ここではさくらんぼに含まれる腹痛の原因と予防方法・対策を紹介します!

スポンサードリンク

さくらんぼに含まれるソルビトール

さくらんぼには「ソルビトール」という成分が含まれています。

ソルビトールはキャンデーやチューインガム、特にシュガーレスのものに多く含まれています。

あなたも「食べ過ぎるとおなかが緩くなることがあります」というパッケージの注意書きを目にしたことがあるかもしれません。

このお腹を「緩くする」というのが過度になると下痢になるということなんですね。

ソルビトールは非常に消化されにくい糖の一種であり、腸の水分吸収を阻害してしまいます。

そしてこのソルビトール、実は医療でも使用される緩下剤の成分としても使われるほど強力な成分なんです。

キャンディやチューインガムの過剰摂取は控えたいものですが、問題はさくらんぼを食べた時にどうなるかですね。

 

さくらんぼを食べ過ぎることで腹痛・下痢に

さくらんぼに含まれるソルビトールは、100グラム当たり2.3グラムです。

便秘の人にソルビトールを投与する実験では、1日20グラムの投与で便秘が解消したという結果もあるそうです。

これだけ見るとさくらんぼに含まれるソルビトールの量は大したことないように思うかもしれません。

ですが、20グラムはあくまで「便秘の人」が解消するまでに必要な量ですから、普通のおなかの状態でのさくらんぼの食べ過ぎには注意が必要です。

(すでに便秘の人には確かに、さくらんぼ100グラムあたりに含まれる食物繊維1,2グラムとも相まって便秘解消への効果が期待できますが、、)

特にさくらんぼ狩りに出かけた際には気を付けましょう。 食べ放題だからとお腹のことを考えずに食べ過ぎると後で悲惨なことになる可能鵜性があります、、。

 

さくらんぼによる下痢の予防と対策

では、さくらんぼによる下痢・腹痛を予防する方法はないでしょうか?

下痢・腹痛の予防方法

予防方法としては、やはり「さくらんぼを食べ過ぎない」、これにつきます。

あとは空腹時にさくらんぼだけしか食べないことを避けることもポイントです。

スポンサードリンク

予防①さくらんぼを食べ過ぎない

さくらんぼに含まれるソルビトールの量から考えると、いくつまで食べられるか計算できる、と言いたいところですが。

ソルビトールを大量に摂取してもお腹が痛くならない人もいれば、すぐにお腹が痛くなるという人もいます。 ソルビトールの効果には個人差があるのです。

では、その個人差を踏まえて、食べてもいいさくらんぼの個数をあげるなら「100個程度まで」が望ましいでしょう。

これはなかなかさくらんぼ狩りに行かないと届かない数字だと思いますが、市販のさくらんぼであれば1パックまで、にとどめておくと安心かと思います。

さくらんぼ狩りに出かけるときにはお腹を空かせていこうと考えがちかもしれませんが、次項の「さくらんぼ以外も食べる」も参考に、ほかのモノを食べてから行くと100個でも満足できますし腹痛を軽減できます。

予防②さくらんぼ以外も食べる

さくらんぼだけしか食べないと下痢になりやすくなります。

何故でしょう?ソルビトールの絶対量はほかの食べ物が胃に入っていても変わらないはずですよね。

その理由の一つがさくらんぼに含まれる豊富な食物繊維です。さくらんぼだけをたべることで体の水分を必要以上に排出してしまいます。

また、さくらんぼに限った話ではありませんが果実のほとんどが水分であることからも、水下痢を引き起こしやすくなります。

対策:ゆっくり治す

では、さくらんぼを食べ過ぎて下痢になってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

実は、ソルビトールが原因による腹痛だとしても、基本的な下痢の対策とできることは変わりません。即効性のある対策はないのです。

水下痢は水分を必要以上に体外に排出するため、脱水症状に気を付ける必要があります。

だからと言って水をがぶ飲みすることはせず、吸収の良い白湯やスポーツドリンクなどをこまめに飲むことを心がけましょう。

白湯は熱すぎない温度、スポーツドリンクは常温と、とにかくおなかに優しくすることが大事です。

そして、さくらんぼを食べ過ぎたことを医師に相談し診断を仰ぐのが基本にして最高の対策です。

ただ、適切な水分補給を心がければ数日で改善するはずですので、基本的に病院の受診は急がなくてもよいでしょう。

市販の下痢止めもどうしてもすぐに症状を和らげたいという場合でなければ必要ないように思います。 ただ症状が長引いたときは積極的に病院にかかりましょう。

 

さくらんぼによる下痢と腹痛対策まとめ

さくらんぼの食べ過ぎで下痢を引き起こすことは分かったと思いますが、だからと言ってさくらんぼ狩りであんまり我慢するのもおかしな話ですよね。

なので、あくまで上記の話を念頭に置いたうえで、満腹なのに食べることを避けてほどほどに楽しむのがベストかなと思います。

あるいは、市販のさくらんぼのパックを何度か食べてみて、「自分はこれくらいなら問題ない」量を確かめてからいくとさくらんぼ狩りもより楽しめると思います。

お腹の調子が悪くなってしまったあなたも、原因がわかっているのですからある意味安心して安静に症状の改善を待ちましょう。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

 - 健康, 果物狩り , ,