しつこい新聞勧誘の断り方!元勧誘員に聞いたコツで撃退!

      2016/09/03

新聞勧誘

新聞勧誘。勧誘員が来たことがないときには、そんなのただ断ればいいだけじゃないか?
なんて思ってましたが、実際に勧誘にあってみると断ることの難しさを実感します。

のらりくらりとかわそうと思っても、ガッチリ離さないでつかんでくる新聞勧誘員。断るには断固とした態度が重要です。

私も実際に勧誘をうけて、これはいい断り方を探さなければと思い立ち、学生時代に新聞勧誘のバイトをしていた友人に断り方のコツを聞きました!

これで明日からはきっぱりと断ることができるはずです。

スポンサードリンク

しつこい新聞勧誘

中には良い新聞勧誘員もいるとは思いますが、新聞勧誘員は契約をとるのに必死なので基本的にしつこいです。

それは訪問の頻度もそうですし、「ちょっとまた考えてみます」なんて返答ではなかなか帰ってくれません。滞在時間でも粘ります。

中には嘘を平気で付く人や脅してくる人もいるというのだから、新聞勧誘は生半可な気持ちでは断りきれません。
(↑別記事「新聞のクーリングオフをした話。電話に文面に粗品の返却までやり方の実例を紹介!」で私の実際のやり取りを書いています)

インターホン越しに会話して、オートロックやドアを開けなければ、なんて発想も「お届けものです!」や「お渡しものです!」という挨拶の前には無力です。

私も自分の態度を過大評価していましたが、実際に上手い言葉に乗せられて契約してから気が付きました。

「おれ、ただのカモじゃん。。」

勧誘員の悪質なやり方にはうんざりです。2度とこんな思いはしたくありません。

 

元新聞勧誘員に聞いたコツ!しつこい勧誘の断り方

元勧誘員に、上手な断り方を聞いてみました。

実際に営業で訪問した際に、これを言われたらそれ以上踏み込めないな、という経験に基づいた断り方なので、効果は折り紙つきです!

①「思想が合わないんで、、」【効果絶大】

友人は朝○新聞の勧誘をしていたからでしょうか、特にこの言葉に弱いそうです。

朝○新聞と言えば左翼よりの論調であり、実際に思想がなじまない、という人も少なくないようです。

左翼とは右翼とかよくわからない、という人も、特に朝○新聞の勧誘がしつこいと思ったなら言いましょう。「思想が気に入らないので、結構です。」

②「○○だからいらない」【効果中】

新聞勧誘員は先に何か景品をくれることで、何かお返しをしなくちゃ、、という気持ちにさせる、心理学でいうところの「返報性の原理」を利用している場合があります。

であるなら、こちらも心理学で対抗です。

ただ「いらない」ではなく「○○だからいらない」、こういうだけで相手が納得する確率が上がります。

この○○には、それらしい言葉である必要はありません。

「必要ないからいりません。」と、どちらも結局同じことを言っているのですが、この形式で伝えるだけで相手は攻め込みにくくなります。

そのあとはとにかく「いらない」を連呼すれば撃退できます。

③「野球チームがファンじゃないんで、、」【効果大】

これは読○新聞には効果的じゃないか?と教えてもらいました。

「中日ファンなので、東京新聞しか読みません」
「阪神ファンなので、・・・」

と言えば、勧誘員は①と同じく踏み込めません。スポンサーの力は絶大です。

相手も調子を合わせて「実は私もそっちのファンなんです」なんて言ってきたら目も当てられませんが。。

④「親戚が新聞社(ライバル社)で働いているので、、」【効果絶大】

何の理由をつけてこようが(もし仮に勧誘員が隣の部屋に住んでいる人で、義理を振りかざしてきたとしても)さらに強い義理であれば対抗できます。

「親戚(兄弟姉妹でもいい)が、勧誘に来た新聞のライバル新聞社で働いているので結構です」、と言えば相手は引き下がります。

どんなことをしているのかなどと聞かれても答える必要はありません。適当に記者です、なんて言っておけばいいです。

相手は確かめる方法はありませんから。

⑤「他紙の電子版をとっているので、、」【効果中】

普通であれば、他紙の電子版をとっている、と言えば引き下がると思うかもしれませんが。実際にはあろうことか、「実際の紙面もいいですよ!」と返してきます。

何故電子版をとっているのか?思い出しましょう。(とってない人は想像してみましょう)

それを踏まえて、上記のような返しをされても断固として拒否できればいいですが、不意を突かれて相手にペースを握られかねません。

言い返されることも想定して、用心して使えば効果の高いセリフです!

※紙面に関しては、他紙をとっているかどうかは情報が共有されている可能性が高いです。ただ電子版に関しては各新聞社での情報の連携はないそうなので、とってなくてもばれることはありません。

これらの断り方を組み合わせればそうそう勧誘に負けることはありません!

ただ注意してほしいのが、情に訴えてくる勧誘テクニックです。

以下、負けそうになっても負けてはいけない手口・状況集です。

スポンサードリンク

新聞勧誘員を撃退、、できない!?

新聞勧誘員を撃退

勧誘を断るのは簡単、そう言えればいいのですが。

実際には心理的に訴えてきて、同情して契約させられてしまうことも多いです。

また、景品や粗品で釣られてしまうことも多い(私です。。)ので注意しましょう。

①ノルマ達成のために協力してくれ

これは厄介な言葉です。目の前で苦しそうな人を見たら、協力したくなるのが世の情け。

ですが!新聞社のノルマなんて自分には何の関係もありません。苦しい人を助けたいのであれば、そのお金でどこかに寄付したほうがよっぽど有意義じゃありませんか?

中には土下座をされてしまい、隣人の目が気になり契約してしまうというケースもあるようです。

ですが!それも冷静に考えたら、隣人も変な勧誘員につかまって大変だな、と理解してくれるとは思いませんか?

土下座をしてきたなら、扉を閉めて一人にさせてあげましょう。締めさせてもらえないようなら「警察呼びますよ」これで決まりです。

最悪なのが、泣き落としにかかってくるケースです。涙を流すくらいなら協力してもいいか、、なんてことはありません!!

誰かに泣きつかないと契約が取れないくらいなら、そもそも勧誘員に向いていません。その時間でほかのアルバイトでもしていれば泣くような境遇にはいないでしょう。

冷たいようですが、そう考えないとあなたはお人よしのカモのままです。

ああ、私は一回新聞を契約してクーリングオフをしてからなんと冷たい人間になってしまったのか。。

②景品・粗品を差し上げます

損得勘定で本当に得をするなら契約してもいいでしょうが、支払った額以上に何かをくれることはほぼないと考えていいでしょう。

レジャー施設のチケットをくれることも多いですが、これは新聞社系列の別のサービスに加入すれば年間1000円くらいでもらえるモノだったりします。(私がそうでした)

なのでチケットが10枚などと聞くと得した気になりますが、冷静な気持ちを忘れないようにしましょう。

「お試しで3か月無料」などと組み合わせてたたみみ掛けてくるケースもあるので注意しましょう。

もし勧誘員が本当に良い人で、得をさせたいと思っているのならば、その場で相場についてスマホで調べても文句は言わないはずです。

そこで難色を示すようなら。結果はお察しですね。

あとはチケットとともに米やビール、洗剤、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどをくれる場合も多いです。

確かに便利ですけど。そこまで必要かというと疑問です。

もし本当にそれをもらえれば新聞代を払ってもいいというのであれば入ってもいいでしょう。
契約の継続を断る際に面倒なことになるリスクを差し引いても得であるならば。

③若い女性が勧誘してくる

男性陣は弱いでしょう。私も弱いです。ちなみに元勧誘員の友人というのもかわいい系の女性で、きっと成績が良かったんだろうなと推測されます。

必死に頑張ってる姿は応援したくなります。

まあ、このケースならお金を払ってもいいでしょう。

・・・なんてことはありません!!

すみません、女性の読者は、上記の「若い女性」を「三浦春馬」か「福士蒼汰」あたりに変換してくれれば理解できるのではないでしょうか。

まあ確かに、三浦春馬なら数万円出してしまいそうですか?

気を付けて欲しいのが、契約したからと言って集金にその人が続けて来てくれるわけではないということです。

どちらにしても一期一会。断っても契約しても何も変わらないのです。

それに、どの家でも可愛い顔してちょっとトークしてお金を巻き上げているのです。かわいくてモテる女の子・イケメンなんてそんなもんですよ!!

・・・すみません。

とにかく、だれが勧誘して来ようが関係ありません。向き合うのは、自分が新聞を欲しているか、いないか、ただそれだけです。

 

新聞勧誘の断り方まとめ

新聞の勧誘への防御力はかなり高まったのではないでしょうか。最強の防御は相手をしないこと、居留守をすることですが、ドアを開けてしまうこともありますよね。

その際にどんな言葉を返せばいいか頭に入れておくと、気が付けば新聞を何紙も購読していた、、、なんてことも防げるでしょう。

カモにならないためには断固お断り、の姿勢を崩さないことを忘れてはいけません。

ただ。本当に脅迫まがいな勧誘やとてつもなく可愛い子が訪ねてきて契約してしまった場合。あるいは何となく優しい気持ちになって契約してしまったときも、後から冷静に考えると納得できない場合。

契約から8日以内であればクーリング・オフで解約(契約取り消し)が可能ですので、どうしようもなく契約してしまっても大丈夫です!!

実際にクーリングオフしてみた記事も参考にどうぞ!
新聞のクーリングオフをした話。電話に文面に粗品の返却までやり方の実例を紹介!

本当に悪質な販売員にはこんな手も・・・
しつこい新聞の勧誘を(ほぼ確実に)二度と来させなくさせる方法

以上、少しでも勧誘に対する恐怖感?のようなものを和らげることができたなら幸いです。

あんまりボロクソ言ってますが、私も電子版は読んでますし新聞自体は好きです!ただ、必要がない人にも売りつけるやり方が気に入らないだけです。
勧誘をしている方の気に触れたならごめんなさいね。
スポンサードリンク

 - 新聞 ,