父の日ギフト!離れて暮らす父や義父へのおすすめと予算

   

父の日おじいちゃん
父の日のギフトは何にしよう、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。特に、 父・義父と離れて暮らしている場合には何をプレゼントしたらいいか考えることが難しい と思います。

ここでは、そんな「父・義父と離れて暮らすあなた」のための父の日ギフトの選び方を紹介します。

スポンサードリンク

 

父の日ギフト!離れて暮らす父や義父にはどうすれば??

贈り物をするときに、 贈る相手が最近興味を持っているものであったり、こんなのがあればな、などのつぶやきを聞くことができれば大きなヒント になります。

とはいえ、離れて暮らしている場合ですとなかなか難しいですよね。もしあなたの兄弟姉妹が実家で暮らしているなどであればさりげなくリサーチに協力してもらうことで、喜んでもらうプレゼントを贈ることも可能です。

ですが、そういう環境にない、という方はやはり情報がない中で贈り物を選ぶ必要があります。
喜んでもらえるものを選ぶのは楽ではありませんが、どうせなら自信を持って選んだもので喜んでもらいたいし、自分も幸せな気分になれたらいいですよね。

そこで、より良い父の日にするために、いくつかおすすめのプレゼントの例を紹介します。少しでもプレゼントを選ぶ大変さを減らせれば幸いです。

 

父の日のギフトでおすすめのもの

以下、それぞれおすすめのギフトの選び方を2つのパターンで考えます。

・リサーチができる場合

父の日のギフトで一番いいのは、やはりその相手の趣味嗜好にあったものを贈ることです。上記のように、最近関心があるものや 新しい趣味に関係したものを贈れると、一番喜んでもらえます。
特に、趣味そのものよりも少しずらしたモノを贈れると喜びは大きいかと思います。どういうことかというと

お酒が好きなら、お酒ではなくてグラスや珍しいおつまみ

盆栽が好きなら、盆栽ではなく盆栽の写真集

などなど、 ストレートに好きなものや趣味の道具を贈るのではなく、その趣味をより楽しめるものを贈る と、なかなか本人が自分では買わないモノを選びやすくなり、結果的に喜んでもらえるでしょう。
また、こうして選んだプレゼントは、もらった側からしても「しっかり考えて選んでくれたんだ」と感じることができるものです。リサーチに加えて、考えるのも大変だとは思いますが、お互いに印象に残る父の日にできるはずです。

スポンサードリンク

 

・リサーチが難しい場合

父・義父の最近の興味や関心を把握することが難しい場合におすすめなのは食品です。
ありきたり、かと思うかもしれませんが、やはり残るものより消化できるもの、ということで失敗がない選択肢です。
無理をしてモノを贈ったとしても、 父の日は来年もやってきますし、ほかのお祝いごと(誕生日)などを考えると、ネタを温存しとく、というのもアリではないでしょうか。 特に、父・義父と離れて暮らしている場合ですと今後も興味関心の情報を得るのは難しいかもしれません。せっかく得た情報は父の日でなく、誕生日や記念日にとっておく、という発想も賢い知恵だと思います。

そこで、今回父の日に贈る食品の例としては、やはり定番ですが

蟹、海老、ハム(これはお中元っぽいかも?)

などはいかがでしょうか。ほかの年中の贈り物との兼ね合いも考えつつ選びましょう。

 

父の日ギフトの予算はどれくらい??

ある程度ギフトの方向性を絞り込めたところで、もしかしたら予算が頭をよぎるかもしれません。父の日の予算はどのくらいが平均として多いのでしょうか?

ある会社が行ったアンケートによると「3,000円~4,999円」が父の日の予算として一番多いようです。
(出典:株式会社ドゥハウス https://www.dohouse.co.jp/news/research/20130607/)
こうしてみると、お互いに気を使わないためにも、あまり高すぎないものを贈るという考え方もありかもしれませんね。お返し合戦になっても大変ですし、やはり 感謝の気持ちを伝えることが一番 です。喜んでもらうことが大事なのであり、高いお金を出せばいいというものではないということを改めて認識し直しましょう。

感謝を伝えるという観点で言えば、金額の多少にかかわらず、 手書きのメッセージや手紙などを添えるのはどうでしょうか。「いつもありがとう」の一言だけでももらって嬉しいはずですし、これくらいなら照れがあっても書けますよね。 

 

父の日におすすめなプレゼントまとめ

離れて暮らす父・義父に贈るおすすめのプレゼント、いかがでしたか?

事前にリサーチができるかを参考にしつつ、喜んでもらえるプレゼントを選べるといいですね。メッセージや手紙を添えるのも忘れずに。
多少の恥ずかしさはあっても、やはり年に一度の父の日、ギフトを贈る側ももらう側もより良い気分になれることを祈っています。

スポンサードリンク

 - 年間行事