潮干狩り あさりの保存方法!何日もつ?調理時の注意点!

   

あさり

潮干狩りであさりを大量に取ってきたはいいものの、すぐには全部食べられないなんてこともあると思います。

あるいはおすそ分けで潮干狩りのあさりをいただいたものの、どう保存しよう、と悩んでいる人もいるかもしれませんね。

生きているあさりは扱いに困ってしまうもの。海水に浸けていればいいかというと、そんなことはありません。

どうやって保存したらいいのか、何日持つのか、短期保存と長期保存に分けて紹介します。

スポンサードリンク

潮干狩りで取ってきたあさりの保存方法

・保存する前に

大量に取ってきたあさり、いつ食べるにしても砂抜きと塩抜きのタイミングには注意が必要です。

すぐに食べる場合はもちろん、保存する場合も砂抜きと塩抜きを済ませた状態で行うことが基本です。

砂抜きと塩抜きに関しては別記事「潮干狩りのあさりの砂抜きと塩抜き|失敗しないコツ+保存方法!」を参考にしてほしいのですが、

砂抜きと塩抜きのどちらもアサリが生きている間しか上手く行うことができません。

なので可能なら潮干狩りをしたその当日に砂抜きは完了させたいところです。当日中に砂抜きを完了させ、できれば塩抜きまでやってしまいましょう。

もしすぐに砂抜きできないということであれば、濡れた新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れておいてください。1,2日は持ってくれるはずです。水から出してもけっこう生き続けるものです。

ただし、くれぐれも海水につけっぱなし、はやめましょう。

ずっと海水や作った塩水に浸けておくと、水中の酸素を消費しきってあさりは窒息死してしまいます。

・保存方法

砂抜きを塩抜きを済ませたあさりは、何日ぐらいで食べるかによって冷蔵保存と冷凍保存の2つの保存法を使い分けるといいでしょう。

冷蔵保存

砂抜きも含めて、取ってきた3日後くらいまでに食べる、ということであれば、濡れた新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。

スポンサードリンク

ただ、あさりはそのあいだ何も食べられないため、日を置くほどに身が痩せていきます。

そのせいで風味や食感も落ちていきますので、嫌だという方は2,3日で食べる場合でも冷凍保存をすることをおすすめします。

冷凍保存

あさりを貝殻のままビニール袋やフリーザーパックなどにいれて冷凍保存します。

このとき海水は一緒に入れる必要はありません。あさりだけを凍らせます。

冷凍することでうまみ成分のイノシン酸が増えるという研究結果もあるようで、冷凍しても十分に美味しく食べることができるでしょう。

 

潮干狩りのあさりは何日もつ?

冷蔵保存と冷凍保存で持つ期間は当然変わってきますが、基本的に冷蔵保存ではとってきた日から3日が限度だと言えます。

上手に保存できたとしてもアサリは弱っていきますし、冷蔵庫内でも死んだあさりは腐ってしまいます。

そのうえ腐ったアサリのにおいは近くのアサリへも悪影響を及ぼします。

とにかく早く消費する予定がある、という場合だけ冷蔵保存をすることをおすすめします。

冷凍保存に関しては、凍らせ始めてから1か月を目安に食べきるといいでしょう。

もちろんそれ以上おいたからと言って食べられないわけではありませんが、やはり早く食べたほうが美味しいのは変わりありません。

冷蔵も冷凍もできるだけ早く、をキーワードに上手に保存・消費しましょう。

調理時の注意点

冷蔵保存した際にはあまり関係がありませんが、冷凍保存したあさりを調理する時には注意が必要です。

冷凍したあさりは必ず凍ったまま調理してください。

常温で自然解凍すると死後の硬直で殻が開かなくなってしまうことが多いです。また常温で置くことは傷む原因にもなってしまいます。

せっかく保存したものをいざ調理しようとして食べられないのは悲しいですよね。

凍ったまま一気に過熱することを忘れないようにしてください。凍って死んでいるあさりも、次々開いてくれますよ。

潮干狩りのあさりの保存方法まとめ

あさりの保存方法として冷蔵と冷凍を上手く使い分けてみましょう。すぐに食べるならやはり食感の上でも冷蔵保存したものが美味しいです。

一番おいしいのは取ってきたその当日だというのは否定できませんが、その美味しさをできるだけ長持ちさせて長く楽しむためにも、ぜひ正しい保存方法であさりを保存してみてください。

美味しいあさりを長く食べられることを祈っています。

スポンサードリンク

 - 潮干狩り ,