あさりの砂抜きはお湯で短時間!30分でおいしいやり方

   

あさり

あさりの砂抜き。王道のやり方もいいですが、夜ご飯までもうすぐ!というときなど砂抜きにそれほど時間をかけられないこともありますよね。

普通のやり方で完全に砂抜きをするのを待っていたのでは何時間もかかってしまいます。

今回紹介する「お湯を使った砂抜き」で、簡単に素早く完了させて美味しくあさりをいただいちゃいましょう。

スポンサードリンク

あさりの砂抜きはお湯を使えば短時間でできる?

ふつうは海水を使って20度以下程度を目安に砂抜きをしますが、お湯を使うことであさりが砂を吐ききるまでの時間を短縮することができます。

以下、お湯を使った砂抜きの手順を紹介します。

①あさりを洗う

あさりに付着した菌(腸炎ビブリオなど)を落とすために、真水で洗い流します。

ためた水で洗うと菌が落ちづらいので必ず流水で洗いましょう。殻同士をこすり合わせるようにして洗います。

この時に軽く口を開くあさりが混じっている場合、そのあさりは既に死んでしまっているのでよけておきます。

※よけておかないと、死んでいるために砂を吐かず、そのまま料理に砂を持ち込むことになってしまいます。

②あさりを容器に並べ、40℃~50℃のお湯(塩水)を入れる

あまり温度が高すぎてもあさりを死なせることになってしまうので、家庭の給湯器で出るお湯を使うと温度的にちょうどいいです。

または沸騰させたお湯と水道水を5:5で混ぜ合わせたものでもいいでしょう。

塩分濃度が3%になるように、1リットルの水に対して30グラムの塩を溶かします。

スポンサードリンク

あさりを浸けるときですが、吐いた砂をまた吸い込むことがないように、容器の底にすのこ状のものを敷いたり、あさりを網で容器の底から浮かせるようにすることがポイントです。

いくら活発に砂抜きをしても、その分をまた飲み込んでしまうのでは意味がありません。

③30分ほど待つ

あさりが水管(ベロのようなもの)を出したのを見守りつつ、30分ほど待ちましょう。

このとき暗くしておいたほうがあさりはリラックスしてより早く砂を吐いてくれます。

途中でお湯が濁るようでしたら水を取り替えます。

④砂抜き完了!

40℃~50℃のお湯のおかげであさりが活発に活動し(熱くてもがいてる?)、30分で砂抜きは完了です!

 

アサリの砂抜きを30分でやったのに普通よりおいしいって本当?

時短ただお湯で砂抜きをしただけで時間を圧倒的に短縮できるこの方法。

実は、短時間でできるだけでなく、おいしさもアップさせることができるんです。

あさりをお湯に入れるとヒートショックを受けて身を守ろうとし、水分をたくさん吸収します。

そのおかげであさりの身がふっくらとし、調理時もおいしく感じるのです。

実際に食べてみるとこんなにも違うのかと驚くはずですよ。

 

あさりを短時間で砂抜きする方法まとめ

スーパーで買ってきたあさりは砂抜き済み、と書いてあっても一応自分で砂抜きしたいな、なんて思いますよね。砂が残っていることも多々ありますし。

その際、何時間もかけて砂抜きをするのは面倒に感じても、今回紹介したお湯で行う砂抜きなら気軽にできるのではないでしょうか。

そのうえおいしさも増すのですから、やらない手はありませんね。

あさりを早速今日の食卓に並べてみてはどうですか?

美味しいあさりを食べられることを祈っています。

スポンサードリンク

 - 潮干狩り ,